プロフィール

yumired

Author:yumired
サイン配信中!

前場のみトレード、損切ありで、負けを少なくするシステムを構築しました!
 
 あらゆるテクニカル指標から、翌日の値動きを予想するテクニカル指標を6個厳選したシステムに、前日のNY、CMEさらには当日の外資系動向、為替を加えたロジスティック多変量解析システム(統計解析ソフトはSAS ver5.0)です。
 
本システムの特徴は

*前日の米国市場、当日の外資売買動向も含めた複数(10個前後)のパラメータより当日の勝率を予測する多変量解析システム(裁量なし)です。
*サラリーマンや仕事の忙しい方も対応可能で、ストレスの少ない前場のみの寄引決済システム(損切もあり)です。
*サインは前場開始前(~8:45)に明確な指標とともに配信します。(「寄付指値」方式ですので、板をみる必要はありません)
*日経225ミニに対応したシステムですので、これからミニ先物でデイトレを始めたいけど自分ではどうしたらいいかわからないという方に。

2007年3月よりリアルトレード開始
(サイン配信開始は4月より)

2007年成績
2007年3月 9勝5敗1分(5見送り) +570円
2007年4月 8勝5敗(6見送り)+125円
2007年5月 10勝7敗(4見送り) +160円
2007年6月 11勝6敗1分(3見送り)+440円
2007年7月 7勝13敗(1見送り)-265円
2007年8月 4勝5敗(14見送り)-35円
2007年9月 8勝5敗(4見送り)+190円
2007年10月 11勝8敗(3見送り)+25円
2007年11月 5勝7敗1分(8見送り) -45円
2007年12月 6勝5敗(8見送り) +20円
計 79勝66敗3分(56見送り)+1185円
勝率 54.5%(PF: 1.32, MAXドローダウン440円)

2008年成績
2008年1月 7勝4敗(8見送り)+115円
2008年2月 4勝7敗(9見送り)-305円
計 11勝11敗(17見送り)-190円
勝率50.0% (PF: 0.80, MAXドローダウン-510円)

ご質問はyumired1975@yahoo.co.jpまで


最近の記事


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

取引方法

取引方法

独自に開発したシステムによるサインの配信です。
テクニカルデータ、前日の米国相場および為替等のデータを入力することによりデータが寄値ごとの連続した確率で算出されます。毎朝8:45までにシステムの計算上勝率60%を超える部分を例えば以下のようにメールにて配信します(裁量は全くいれません)。

「 寄付指値(16850以下 1枚) 買い
前引決済
寄付16855以上のときは見送り
損切 -90 」

この場合、寄付指値買い注文(寄付が16855以上であれば注文がキャンセルされる)を注文します(特殊注文の範疇ですが、現在ほとんどの証券会社で執行可能な注文です。注:逆指値注文ではありません)。売り注文の場合には逆になります。データの状況により、指値なしの寄付成行注文が出る場合、寄指値買い注文と同時に寄指値売り注文が出る場合、あるいは異なる指値で買い(売り)2枚の注文が出る場合などがあります。またサインが出ない場合もあります。
取引は前場で決済です。これは本システムの特性および、リスクを最小限にするためです。(本システムは後場についてはデータ上対象としておりません)
枚数についてはあくまで目安です。
損切についてはシステム表示項目ではありませんが、目安として配信しています。
ブログ上の売買結果については上記に従って行っています。

当サービスは、投資顧問あるいは投資のアドバイスではありません。売買の指針となるような表現等が混じることもありますが、当サイト運営者が実際に取引をする際の指針としている情報を開示するものです。当サービスの情報などによって何らかの損害を被っても、一切の責任を持ちません。
投資に関する最終決定は、必ず御自身の判断で行うようお願いします。
スポンサーサイト

コメント

私のブログで
こちらの記事を紹介させて頂きましたので
ご連絡させて頂きました。

紹介記事は
http://blog.livedoor.jp/sinseihin2007/archives/53323608.html
です。

これからもよろしくお願いいたします^^

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。